新型コロナウイルス関連

令和2年6月26日現在(独)製品評価技術基盤機構(NITE)及び経済産業省において新型コロナウイルス除去について「次亜塩素酸水」の有効性が確認されました。詳しくはこちらをご覧ください。

「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項はこちらをご覧ください。

​ウイレスセブンとは

ウイルス等による感染症予防や、食中毒対策、カビ予防、臭いの問題解決に!

試験結果 -安全性と効果の証明-

​ウイレスセブンは、厚生労働省の認可を受けた登録検査機関である一般財団法人 日本食品分析センターで、安全性(刺激性・毒性の無いこと)、ウイルス不活化効果、食中毒菌やカビなどの細菌への除菌効果を確認しておりますので、ウイルス対策等にご安心して頂いてご使用頂けます。試験報告書の一部抜粋、ならびに試験結果を一覧で下記に公開しております。

ウイルス不活化試験(100ppm)

皮膚一次刺激性試験(200ppm)

​200ppm濃度で、刺激性・毒性はございません

​100ppm濃度で、表記ウイルスを不活化(検出限界値未満)

​100ppm濃度で、表記細菌の除菌効果を確認(検出限界値未満)

​*枯草菌:土壌中や植物に含まれ、食中毒や眼感染症の原因の1つ

     芽胞を形成するため、煮沸やアルコール消毒でも除去できない

​50ppmまたは100ppm濃度で、表記細菌の除菌効果を確認(検出限界値未満)

食中毒菌である黄色ブドウ球菌・大腸菌O-157、水虫の原因である白癬菌、

その他、カビ菌への有効性を確認

一般社団法人 環境技術普及機構

〒596-0827 大阪府岸和田市上松町2-2-28

TEL: 072-427-8008 FAX: 072-427-8006

Copyright © 2019 環境技術普及機構 All rights Reserved.